四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の15銘柄(3月22日)

INCLUSIVE <7078>
4月12日現在の株主を対象に1→3の株式分割を実施。東証が22日売買分から信用取引の臨時措置を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。

ホトニクス <6965>
21年9月期上期(20年10月-21年3月)の連結経常利益を従来予想の97億円→132億円に36.1%上方修正。従来の23.0%減益予想から一転して4.8%増益見通しとなった。医用バイオ機器や産業機器を中心に販売が回復し、売上高が計画を上回ることが寄与。円安進行によるプラス影響も利益押し上げ要因になる。

岩井コスモ <8707>
従来未定としていた21年3月期の期末配当は97円(前期は55円)実施する方針とした。好調な業績を踏まえ、株主への利益還元を増やす。期末配当利回りは5.39%と高水準で、権利付き最終日の29日を目前に配当取りを狙う買いが期待される。

タムロン <7740>
エフィッシモ キャピタル マネージメントが19日付で財務省に提出した大量保有報告書によると、エフィッシモの同社株式保有比率は6.10%となり、新たに5%を超えたことが判明した。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です