輝きを取り戻せ、防御率12点超の藤浪晋太郎 過去には「135点」から殿堂入りしたレジェンド左腕も

米大リーグ・アスレチックスの藤浪晋太郎は10点超え、プロ野球ロッテの佐々木朗希、阪神の大竹耕太郎は0点台。何の数字かというと、これは投手の防御率。9回を投げたとして取られる点を表すもので、自責点に9をかけて投球回数で割って算出する。2点台で一流、1点台は超一流とされている一方、藤浪の成績は壊滅的だ。とはいえ、過去にはプロ1年目に135・00という数字をたたき出しながら後に野球殿堂入りした名投手も存…

この記事を読む

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です